鼻炎の治療

週末に、うちの奥さんが風邪を引いたみたいというので診てみると、どうも鼻の調子が悪そう。

よもぎ堂 「鼻が落ちて、咳が出やすいみたいやわ」

よもぎ妻 「そうそう!そんな感じ!!」

というわけで、治療しましょう。
(正確には、こんなやりとりをすっかり忘れて、みんな寝静まったリビングで、缶ビールな私…むっくりと起きてきた奥さんの治療をしましょう…)

よもぎ堂の治療は、まず、FT(フィンガーテスト)という方法で、からだの問題の起こっている場所をチェックし、問題を起こしている経脈をとらえます。そうして、その患部や問題を起こしている経脈を調整する経脈(ややこしいですね)を決めて、治療をしていきます。

私の治療を受けられたことのある方は、左手をもぞもぞ動かしていたあれが、フィンガーテストです。

患部では、右の鼻翼の上外方がst(ステッキー)といって、病んでいる箇所。

image

問題を起こしている経脈は、右の胃経。

エネルギー(気)の状態は実
(オーバー、過多。逆にアンダー、不足の場合を虚といいます)

今回は、右の胃経別を使って治療します。

使うのは、切り替え式のIP(イオンパンピングコード)、一方向に気が流れるようになっているコード。今日は、はりを刺さずに、ツボ同士に貼り付けて治療します。

wpid-20141118_131341_955.jpg

右の胃経の原穴、絡穴~右承泣穴をIPコードでつなぎ、患部の反応と経脈の反応が消えるのを確認して、そのまま15分。

ついでに、あらかじめ確認していた頭の反応点(上星穴あたり)に0番5分針を切皮程度で置鍼。

スヤスヤとそのまま寝てしまったので(布団に寝た状態で治療)、15分経ったところで、反応が消えたのを確認して、そっと外して、患部を囲うように点状に温針をして、のどにもぐさを丸めて和紙のテープで貼り付けて終了(咳止めですね)。

wpid-20141208_113948_508.jpg

翌朝、状態を確認すると、stほぼ消失。本人に確認すると、

「鼻の奥が楽になったわ。」とのこと。

聞けば、のこり一割くらいだそう。

東洋医学的な考え方では、病は経脈の変調ととらえます。

よもぎ堂では、その変調を診断し、整えていくと、からだの持つ自然治癒力が十全に発揮されて、ご自身の力でなっていくというスタンスで治療を行っています。

もちろん、今回のケースのように一回で…というケースはまれかもしれません。慢性の症状、体質改善的な目的では、定期的な治療が必要になります。

そのようなケースでも、症状を抑えるだけの治療と違い、その治っていく経過も体調が整っていくのを感じながらの気持ちのよい経過をたどっていきます。あくまでも、私自身の体感や患者さんの体験談なので、個人差がありますが。

はりきゅう よもぎ堂 大塚彰司

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする