鍼灸治療を受けながらの体外受精は妊娠率が

● 鍼灸治療を受けながらの体外受精は妊娠率が

こんにちは。大塚です。

あまり知られていないことですが、西洋医学による不妊治療以外で、妊娠に関して客観的なデータが有るのは鍼灸治療だけです。

ハリ治療で妊娠率アップ

不妊新聞01

アメリカの生殖学会誌から。
体外受精を受ける女性160人を2グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後にハリ治療を実施。残りのグループには、ハリ治療をせず通常の体外受精を行った。

その結果

はり治療をしないグループ26.3%
⇒はり治療をしたグループ42.5%

とはり治療をしたグループの妊娠率が高かった。

2002年(平成14年)4月30日 夕刊 読売新聞より抜粋

体外受精を5回以上行っても、妊娠しなかった女性に鍼灸の効果

不妊新聞02

明治鍼灸大の研究グループが日本生殖医学会で報告したものです。

体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人に針治療を行ったところ、49人が妊娠

治療は、週1~2回のペースで行われ、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。

49人のうち4人は自然妊娠
30人は治療後1回目の体外受精で妊娠

2006年11月10日 読売新聞より抜粋

不妊治療だけでなく、自然な妊娠を希望される方の妊娠率もアップします。

ちなみに、よもぎ堂の妊娠率は55%です。

週一回の定期的な治療を受けていない方も含めた数字なので、定期的な治療をした方だけのデータはもう少し高い数字です。

よもぎ堂の不妊鍼灸の詳細はこちらです。

大塚でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする