冷えと経筋

ここのところ、朝晩の冷え込みが少しましですが、秋の寒暖の差から寝違いや急性腰痛(いわゆるギックリ腰)を起こされる方が増えています。
昨日も何名か、急性の症状を起こしている方が来院されました。

東洋医学では、筋肉の縦のつながりを経筋と呼びますが、寒さが経筋に悪影響を起こすと、痺(筋の引きつり痛み)をおこします。

image

普段の不摂生やストレスでの弱り、からだのなかで、偏った使い方をしている部位によくおこりやすいので、注意が必要です。

経筋が寒に侵された筋の引きつり痛みに対しては、刺さないはり、温針をつかって治療します。

問題の起こっている経筋のルート上の反応点(経筋穴)に、チョンチョンと熱刺激をくわえていくことで、調整します。

image

しっかりと反応のあるルートを治療すると、その場で痛みが取れてしまうケースもあります。もちろんすべてではないですが。

普段から、よく歩いたり、からだの節々をよく曲げ伸ばししておくと、冷えの害を受けにくくすることが出来ますので、日々心がけるようにしてみてくたさい。

よもぎ堂 大塚彰司

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする