東洋医学の救急箱:口内炎への対応

東洋医学の救急箱:口内炎篇

大阪谷町六丁目・空堀の不妊鍼灸よもぎ堂 大塚です。

今日は、とても蒸し暑い…。

たまらずに、いただきものの紅茶をアイスでいただいています。

20150612_163505_875

あまり、早い時期から冷たいものをとり続けると、胃腸が弱ってバテやすい。

バテると、食欲が落ちたり、口内炎ができたりします。

私も、たまに出来たりします。

そんな時、簡単なツボ療法がオススメ。

使うのは、「口瘡点」(こうそうてん)というツボ。

右側が痛むのなら、右手。左側なら左手のツボを使います。

手のひら側、中指の付け根のシワ、そのちょうど真ん中。

揉んだり、指圧でもいいですが、点状刺激のほうがよく効きます。

専門的には、刺さないはりやお灸を使うのですが、お家では、ティースプーンで十分。

20150612_162740_785

スプーンの柄を、手でしばらく(30秒ほど)温め、

20150612_162800_755

ツボを「チョンチョン」と軽~くタッピング。

20150612_162824_843

15回~30回位、タッピングしたら、終了。

より効果を出すために、「もぐさ」があれば、2ミリ位に丸めて。

なければ、米粒を紙テープなどで貼り付けて終了。

20150612_162717_835

口内炎でお悩みの方は、一度お試しください。

こうやって、軽い症状を薬に頼らずに調整していくと、どんどんとカラダが元気になっていきます。

もちろん、からだのバランスを調整する不妊鍼灸を続けていくと、口内炎ができにくくなっていくのでおすすめです

最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。

不妊鍼灸よもぎ堂の大塚でした。^_^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする