不妊鍼灸を続けて妊娠されたKさんが臨月に入り来院 そういえば妊娠中、足がつることがほとんどなかったです

みなさん、こんにちは。

大阪谷町六丁目にある不妊鍼灸よもぎ堂の大塚です。

今年の7月は蒸し暑いですね。

エアコンの冷えや湿度の高さに、体調を崩してしまっている方も多いのではないでしょうか?

妊娠する前から妊娠するまでだけでなく、妊娠後も鍼灸を続けて受けると母子の応援になります

臨月に入ったKさん。

二人目不妊から体外受精で妊娠されたKさん

体調管理に来院されました。

症状は、夏風邪とお腹の張り。

いつものようにささないハリや温灸、痛みのない鍼で施術しました。

おなかの張りは少しあるものの、脈もいい状態で体調がいいようです。

「そういえば今回の妊娠期、足がつることがなかったです」

と軽やかな動きのKさん。

(お一人目の妊娠中は、足のつりに悩まされていたそうです)

※患者さんのご感想です。効果を保証するものではありません。

Kさんは妊活中はもちろん、妊娠されてからも定期的に鍼灸に来られていました。

妊娠期のトラブルを防ぐ目的でも鍼灸は助けになるのでおすすめです。

Kさんが受けられていた不妊鍼灸の詳細はこちらのページからご覧いただけます

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

大塚でした。^_^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする