タバコは妊活にとって百害あって一利なし、禁煙必須です

妊活中で喫煙されている方には、
禁煙を強くおすすめしています。

喫煙は、さまざまな疾患のリスクを高めることが知られています。

喫煙によって起こりうる疾患リスクの増加
肺癌99%
呼吸器疾患99%
心臓病 96%
流産 39%
骨粗鬆症30%
子宮外妊娠27%
不妊22%
早期閉経17%

参照(ASRM 喫煙と不妊 Fertil Steril 2018

癌などのリスクを高めるほかに、不妊への影響が大きいことがわかっています。

ここで、アメリカの生殖医学会が2018年に出しているオフィシャルコメントをご紹介したいと思います。

米国生殖医学会のオフィシャルコメント
https://www.asrm.org/globalassets/asrm/asrm-content/news-and-publications/practice-guidelines/for-non-members/smoking_and_infertility.pdf

をGoogle先生の力で翻訳してみました。

喫煙は、

・妊娠するまでの期間を長引かせます。

・閉経が1から4年早まります。
また、卵巣予備能を低下させます。
(卵胞の数を減らす、生殖機能を下げる)

・精液・精子の質を下げます。
それは、タバコの本数と相関しています。

・染色体、DNAを損なうリスクがたかまります。

・流産のリスクも高まり、胎児の成長を邪魔します。

・子宮外妊娠のリスクが高まります。

・体外受精での妊娠に、喫煙者は非喫煙者の2倍かかります。

・受動喫煙は、喫煙者と同等のリスクがある。

・禁煙治療は妊活中も有効。

もう、禁煙するしかないですね。

僕は、一度もタバコを吸ったことがないので
禁煙の辛さはわからないですが個人差はあるものも、
辛いそうです。

思い立ったが吉日。

禁煙外来の受診をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です