妊娠後の鍼灸~とくに妊娠20週以降によもぎ堂での鍼灸をご希望の方へ

みなさん、こんにちは!

大阪谷町六丁目にある不妊鍼灸よもぎ堂 大塚彰司です。

妊娠後、特に20週をすぎてからよもぎ堂で鍼灸を受けることについて

先日、患者さんのSさんから、

「先生、よもぎ堂は妊娠して20週たったら、もう通えないんですか?」

とご質問をいただきました。

もちろん通えます。

よもぎ堂の不妊鍼灸は、

妊娠前から、妊娠16週から20週で卒業。

その後は、

  • 妊娠中から安産を目的とした鍼灸。
  • 産後の回復と母乳の質を上げる鍼灸。

として、

定期的、月に1回から4回程度

または、

体調が悪い時に受けていただけます。

実際に、結婚前(プレ妊活)から、結婚・第一子妊娠・第二子妊娠と鍼灸を受けられている方もおられます。

妊娠中に鍼灸を受けられている方が、母子ともに調子がよい。

そして、産後の回復もスムーズになります。

そのため、安定期に入られてからも鍼灸を続けられる方がふえてきています。

妊娠中から産後の母子のカラダを応援する意味で、

積極的に鍼灸を受けていただくといいですね。

参考にしてくださいませ。

新規のご予約は、こちらからしていただけます

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

大塚でした。^_^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする