僕とおかんと失敗カレー

みなさんこんにちは。

大阪谷町六丁目にある不妊鍼灸よもぎ堂の大塚です。

どんなことにも初めてはありますね。

自他ともに認めるカレー好きの僕にも初めてのときはありました。

そして初めて作った本格カレーは、失敗カレーやったのです。

初自作のインドカレーが作ったおかんのトラウマ

「彰司(僕)のカレー、美味しい?」

家に遊びにきた僕のオカンが、妻に真顔で聞きました。

家族や友だちに僕が作るカレーが好評だと聞いたオカン。

この質問には訳がありました。

はじめてつくったインドカレーは野菜カレー

子どもの頃からカレー好きの僕。

そんな僕が、本格的なインドカレーを作ったのは高校生、たしか高2やったと思います。

料理本で見つけたインドの野菜カレー。

レシピ通りに一からスパイスをそろえるところから始めました。

スパイス

やっとそろえたスパイスでカレー作り。

初めてやったので、手際も悪くて夜遅くまで台所で悪戦苦闘のを覚えています。

とりあえず出来上がったカレー。

なんというか、美味しくない。。。

その日はそのまま、就寝したのですが、そんなカレーを翌朝オカンも試食してたんですね。

オカンの口にも合わなかった。

というか不味かったそう。

以来、僕のカレーがトラウマ?になっていたみたいです。^^;

それから数十年たっていたのに、いまだに

僕のカレー⇒不味い

と引きずっています。

何事も基本が大切

何で美味しくなかったのか、インド料理の基礎を学んだ今ならわかります。

  • 玉ねぎの炒め方
  • スパイスを入れるタイミング
  • スパイスを入れた後、しっかりと油に風味をうつす

このあたりが美味しくなかった原因でしょうか。

学んだ今ではこんなカレーを作ることができるようになりました。

自作のカレープレート

これなら美味しいと言ってくれるでしょうか?(笑)

やっぱり基本が大切ですね。
大塚でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする