お腹からカラダを温めゆるめる箱灸、手作りしてみました

よもぎ堂での不妊鍼灸。

お腹への施術の時に、箱灸という温灸を使います。

こんな専用の器具でほんのりジックリと温めていくのです。

妊活中の方、不妊治療中の方は、お腹に反応があります。

特に下腹部に固さや張り・冷え。

そのようなお腹の状態を改善する目的で箱灸を使います。

 

お腹のお灸用に箱灸を手作り

よもぎ堂で使っていた箱灸。

だんだんとくたびれてきました。

というわけで、新しい箱灸を作ってみましょう!

 

用意するのは、

  • 一升ます
  • 茶こし

それぞれ100円ショップで買ってきました。

1.「一升ます」の底に茶こしの大きさに

2.きりで穴をあけ。

3.穴をきれいにくりぬき。

4.網をはめ込んで完成。

所要時間15分。

あっという間にできてしまいました。^_^

早速、試してみました。

試してみたら、温まりはいい感じ。

でもサイズ的にはちょっと大きすぎ。

もう少し、小さいほうがしっかりと温まりそうです。

そういえば、100円ショップにもう一回り小さいマスもあったっけ。

もう一度、作り直してみたいと思います。

箱灸による温め効果を実感

今回の手作り箱灸。

よもぎ堂で使うもぐさ(燃やしてお灸に使います)の2分の1で試してみました。

それでもお灸が終わった後は、お腹がホコホコ。

お灸するときちょっと煙たいのが難点でしたが、最近、煙が出ない炭化もぐさを導入したので、煙たさゼロで施術できるようになりました。

お腹からの体質改善にチカラを発揮します。

 

妊娠体質になる不妊鍼灸の詳細はこちらのページをご覧ください

 

 


PAGE TOP
[code lang=’php’] < ?php while(have_posts()): the_post(); ?> < ?php the_content(); ?> < ?php endwhile; ?> [/code]