子宮がらみの腰痛が不妊鍼灸で使う子宮鍼で改善した話

お盆休みに入って左肩が痛いと訴える妻

診断の結果、疲労がらみだったので全身調整で対応することにしました。

途中から、左腰の痛みもあるというので診てみると月経がらみの痛み。

お腹と足のツボを結びつけて行う子宮鍼を追加したところ、腰の痛みは消失したとの事。

この子宮鍼は、はり灸よもぎ堂のオリジナル。

子宮関係の調整には欠かせなくなってきています。

子宮環境の改善や着床の応援、妊娠維持に特におすすめです。

もちろん、よもぎ堂の不妊鍼灸でもつかっていますし、女性鍼灸師向けの不妊鍼灸講座でもお伝えしています。


PAGE TOP
[code lang=’php’] < ?php while(have_posts()): the_post(); ?> < ?php the_content(); ?> < ?php endwhile; ?> [/code]