冷え性の改善に塩が効く?ミネラル不足に効く妊活セルフケア

みなさん、こんにちは!

げんきな卵子と子宮力を育てる不妊鍼灸

よもぎ堂 大塚彰司です。

まだまだ、蒸し暑い9月ですが、秋はもうそこまで来ていますね。

夏の間、

クーラーで外側から

冷たい物の飲食で内側から

冷やしてきた方にとっては、秋になるまでのすごし方が大事なんです。

以前書いていたブログの記事から、冷えを溜めたカラダに効く、

「梅醤番茶」の記事を見つけたので、引用してみます。

最近、少し冷え性がきつくなってきたような気がします。

今朝、目が覚めたら、体の芯が冷たく感じていました

「そういえば、寝ているとき、寒かったなぁ…」

午前中、仕事をしていても何となく、手足や体の芯が温まりにくかったので、昼休みに民間療法を‼

早速、近くの自然食品の店で、三年番茶(摘み取って三年寝かした茶葉を焙煎したもの)を買って帰り、梅醤番茶を作って飲むことに。
$yomogi-doのブログ-三年番茶と梅干

梅醤番茶の作り方

  1. 番茶をコトコト煮出している間に、マグカップに醤油少々と梅干をいれ、つぶしながら混ぜておきます
  2. そこに煮出した熱々の番茶をそそぎ入れ、完成

ここに生姜の絞り汁を1~2滴入れる場合もありますが、僕の好きなのは入れないバージョン。

美味しく感じる濃さが体にちょうどいいようです。

ちなみに使った梅干は自家製で、確か5年もの。

何年か置きに僕が自分で漬けます。今年は、10キロくらい漬けました。
$yomogi-doのブログ-梅正番茶

熱々をいただき、昼からは、じわっと手足に温もりが戻ってきてくれました。

寺子屋お産塾のHPで、塩不足、塩切れの問題を取り上げています。

ホームページより抜粋すると、

  1. 冷え性
  2. 胃腸虚弱
  3. 貧血気味で立ちくらみし易い
  4. 体力不足で疲れ易く、頭痛持ち
  5. 月経不順・月経痛が酷い
  6.  流産の経験・不妊症

など、a~f の症状や病症は塩不足が原因しているケースが多いです。

冷え性の人が慢性的な胃腸虚弱や貧血気味・体力不足の症状を併せ持つのは、潜在的な原因が同じであることを物語っています。

その他、冷えに効くセルフケアを妊活メルマガで紹介しています

ninkasu
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

大塚でした。^_^