体質をきめるカラダと心の使い方~妊娠しやすい体質になるために

よもぎ堂の不妊鍼灸では、カラダの歪みを整え、妊娠しやすい体質改善を行います。

では、そのカラダの歪み・妊娠しにくい体質はどのように作られていくのでしょうか?

妊娠しにくい体質をつくるカラダと心の生活習慣

なかなか妊娠できない体質をつくる原因は、

カラダと心の習慣・かたより

言ってみれば、カラダと心の生活習慣病。

その習慣を、ほんの少しでも変えることができれば、

妊娠しやすい体質に一歩ずつ近づいていけます。

体質を決めるのは「動・心・食・息・睡」の5つの生活習慣

体質を決める生活習慣を5つに分けてみました。

冷え性やのぼせ、お腹の張りや冷え、イライラや疲れやすさ

なども、もとをただせば、この5つの生活習慣が作った体質です。

動:仕事や生活、運動でのかたよったカラダの使い方

カラダの同じ場所を、

  • 同じ使い方を続ける
  • 同じ動きを繰り返す

と、筋肉や関節にかたよった疲労がたまり、気のめぐりもアンバランスになっていきます。

デスクワークで座りっぱなし

立ち仕事

パソコンやスマホで眼や右手ばかりを使う

運動のしすぎや運動不足

なども、カラダに歪みをためていく原因になります。

心:喜怒哀楽、感情のかたより・心のかたより

東洋医学では、

「怒りは、肝をいためる」

というように、かたよった感情は、

カラダの気のめぐりを歪ませる

と考えます。

  • あれこれと思いなやむ
  • 責任のある立場
  • 内外のすり合わせ
  • 緊張感

など、心の働きがかたよる事も原因になるとします。

食:飲食、栄養のかたより・薬の影響

カラダをつくる材料となる食事

そのかたよりも体質を決める大事なもの。

バランスのとれた食事を心がけることで、体質はすこしずつ改善していきます。

サプリメントや薬も、食として考えるといいでしょう

息:呼吸のしかたが大事

食がカラダの材料なら、息・呼吸は命のもと。

食事は1食くらい食べなくてもだいじょうぶ。

でも、息を止めて酸素がとれなくなると。。。

息を止めていなくても、血行のかたよりで局所が酸欠。

そういう方も多いです。

よもぎ堂に妊活にこられる方は、みなさん酸欠のカラダ。

呼吸も浅くて血行も悪い方がほとんど。

睡:睡眠不足、睡眠の質も大事です

夜の11時から1時は、お肌のゴールデンタイム

なんて言ったりします。

これはお肌だけではないんですね。

女性ホルモンや自律神経にとってもゴールデンタイム。

早寝早起きを心がけ、睡眠の質も上げるようにするのがベストです。

「動・心・食・息・睡」の5つを改善する

「動」「心」「食」

この3つは、わかりやすいですね。

西洋医学でも、

運動不足や食事、ストレスが生活習慣病の原因である

と考えています。

この5つの生活習慣を見なおすことで、妊娠しやすい体質になっていきます。

5つ全部でなくてもいいですし、ほんの少しだけ変えるだけでいいのです。

よもぎ堂の無料メールセミナーでは、この5つの生活習慣を改善する妊活セルフケアをお伝えしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする