子宮筋腫は不妊の原因?流産や早産のリスクもあるんでしょうか?

子宮筋腫が不妊の一因と言われています。

とはいっても絶対的な原因ではないようです。

よもぎ堂での不妊鍼灸でカラダをよくしていった結果、子宮筋腫を持ちつつ妊娠された方もたくさんおられます。

そんな方からよくいただくご質問と不安のお声

「産科で妊娠中に子宮筋腫が大きくなったり、流産や早産のリスクがあると言われました。」

40代の女性では、
4人に1人の方が筋腫を持っていると言われます。

僕のところに不妊鍼灸に来られる方は、
30代から40代前半の方がメイン。

なので、筋腫持ち?の方がたくさん不妊鍼灸を受けられています。

妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増えるので、
筋腫が大きくなると言われきました。

ですが、最近の研究では、妊娠中に大きくなる筋腫は
20%ほどであるとわかってきています。

筋腫がある方が子宮の収縮がおこりやすいため、
お腹が張りやすく、流産や早産のリスク
が比較的たかいと言われるのです。

また、筋腫が子宮の出口付近にあると
出産の際に赤ちゃんの頭が通らない
産道通過障害を引き起こす場合があるため、
母体と胎児の安全のために
帝王切開を行うのが一般的です。

ということで、よもぎ堂での不妊鍼灸では妊娠後、

妊娠初期は、流産防止に安胎の施術。

妊娠中期以降は、必要に応じて、
早産防止やおなかの張り止めの施術。

帝王切開に関しては、
子宮筋腫の場所や大きさによって、
必要なケースもある。

ということになりますね。

※妊娠後の安胎(流産防止)の鍼灸や安産目的の施術は、よもぎ堂の不妊鍼灸を受けられて妊娠された方向け

とさせていただいています。

妊娠されてからの受診をご希望の方は、個別にご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

大塚でした。^_^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする