よもぎ堂の施術で使う器具、鍼とお灸について

よもぎ堂の不妊鍼灸で使用する施術器具の詳細

よもぎ堂の不妊鍼灸の特徴の一つは、痛くない・熱くない施術。

その施術にメインで使うのがささない鍼と温灸。

それに加え、使い捨ての細い鍼、箱灸などを使って妊娠しやすいカラダづくりを行います。

ささない鍼について

よもぎ堂で使うささない鍼は、温鍼(おんしん)。

不妊鍼灸に使う銅でできたささないハリ

金属でできた鉛筆のような形で、先はとがっていないので痛くありません。

この温鍼を人肌よりもちょっと高い温度に、ほんのりと温めて使います。

温めた温鍼を、経脈というカラダの気の通り道をなでたり、タッピングしたり。

カラダの反応に合わせた経穴、ツボをタッピングしたりして使います。

ソフトタッチなので、とても心地よい刺激です。

温灸について

温灸は別名、台座灸といいます。

不妊解消・妊活のお供、温灸

商品として有名なのは、せんねん灸。

台座の下がシール状になっているので、ツボに貼り付けて使います。

  1. もぐさの先に火をつけて、
  2. ツボに貼り付け
  3. 根元まで燃えて熱さを感じたら取りのぞきます。

熱さを我慢する必要はありません。

使い捨ての細い鍼について

不妊鍼灸のツボへの調整で使う細い鍼。

不妊鍼灸で使う完全滅菌の使い捨て鍼

髪の毛ほどの細い鍼です。

美容鍼で顔にも使う細い鍼なので、痛みはほとんどなし。

万が一、痛い場合は打ち直します。

完全滅菌された使い捨ての鍼なので、感染のリスクも心配ありません。

箱灸について

箱の中の網にもぐさをのせて燃やす箱灸。

体質改善の箱灸

ほんのりとした温かさで、お腹を温めます。

がんばっているお腹をゆるめる箱灸は、リラックスできるやさしい温かさです。

IPコードについて

カラダのバランス調整に使用するIPコード。

全身調整のIPコード

はたらきの高まっているツボと落ちているツボをつないで、バランスを整えます。

カラダに必要な調整を伝え、カラダの自然治癒力で深い体質改善を行います。

ここちよい施術で、うつらうつらされる方も多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする