不妊・妊活専門の鍼灸院を始めたきっかけ

みなさん、こんにちは!

げんきな卵子と子宮力を育てる不妊鍼灸

よもぎ堂 大塚彰司です。

「どうして不妊専門の鍼灸院を始めたんですか?」

大阪谷町六丁目 不妊鍼灸よもぎ堂

患者さんから、よく聞かれることです。

きっかけは、息子が1歳ごろから患った病気でした。

子どもの健康を強く意識した長男の病気

僕には

中3の長女、中1の長男、小3の次女。

の3人の子どもがいます。

実は、長男は小さいとき、食物アレルギーでした。

それもけっこう強めの。

わかったのは、1歳ごろ。

アレルゲンになったのは、「卵・小麦・乳」

少しでも口にすると、アナフィラキシー症状。

呼吸困難を起こして救急車を呼んだこともよくありました。

そのまま入院することも何度も経験することに。

家族全員で「卵・小麦・乳製品」抜きの除去食に取り組む日々。

(外食や加工食品には、ほとんどこれらが入っています)

徐々に改善し、中学に入るころには牛乳が少し苦手な程度になっています。

息子の食物アレルギーが、子どもの健康について深く考えるきっかけになりました。

子どもの健康⇔母となる女性の健康

お母さんのお腹の中にいるときに、子供さんの卵子も一生分つくられる

と聞かれたことはないでしょうか?

妊娠している時には健康であることがベストだということになります。

生まれてくる子どもさんの健康のため

↑↑↑

安産のため

↑↑↑

よい妊娠期を過ごすため

↑↑↑

妊娠前から、母子二人分の健康と体力作りが必要

妊娠中の健康づくりは、妊娠前から行うことがベスト。

産まれてくる子どもさんの健康のため。

妊活を通して妊娠できる健康なカラダになるため。

僕が不妊・妊活専門の鍼灸院を始めたのは、そんな理由からなのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

大塚でした。^_^